練習の流れ

一般クラスの練習の流れを紹介します。

着座、挨拶

体育ローテーションを終えてから挨拶を行います。一通り全身を動かしてからの黙想で集中力を高めて、練習へとうつります。

基本練習、形練習

一般クラスは学年、帯級に関係なく皆が参加するクラスですが、基本や形の練習は全員が同じ課題に取り組みます。
初心者と上級者で、ポイントを変えて指導をしていきます。

組手練習

組手練習は帯級や、学年によって出来る事、出来ない事が出てきます。
通常練習では上の子と下の子をペアに組ませて、上の子から技術を指導するスタイルを取っています。

私たちは「寸止め」のルールなので、相手に当てない技術を練習していきます。当てないようにコントロールしつつ、素早くポイントが取れる技が出せるように練習します。

試合形式の練習も少しですが、行っていきます。

自主練習

練習は19:00〜21:00ですが、その前後で自主練習を行うことが出来ます。
この時間に個別指導をすることが多く、たくさんの選手が自主練習に励んでいます。

powered by crayon(クレヨン)